くまもと菊池温泉 栄屋旅館 栄屋旅館TOPへ お問い合わせ サイトマップとリンク
お風呂 お部屋 宿泊プラン 季節の便り 交通アクセス


栄屋旅館TOP > 季節の便り
菊池の美しい自然と、情緒ある歴史をお届け
「変わり黄身酢」レシピ
簡単においしい!わたし流Myれしぴ 5

なつかしいふるさとの味・うまい菊池の味・ちょっと私の味

どなたかにお聞きした??習った??ものか、メモを発見!
美味しかったことを思い出して…

甘めで、酸っぱさの少ない、クリーミーでふわっとしたかけ酢です。
ヨーグルト入り…和洋折衷な感じかな〜!


小鉢…蛇腹胡瓜とまこ(魚卵)を薄味で炊いたものにかけてみました。


これからの季節、筍・うどなどにもよいかも?
もちろんゆで野菜などにも!
色も美しいので、緑によく合います。

★ヨーグルト入り黄身酢のレシピ★

【材料目安】(半カップくらいの出来上がりです)

プレーンヨーグルト・・T2〜3
卵黄・・・・・・・・・2個分
砂糖・・・・・・・・・t2(〜T1)
薄口醤油・・・・・・・t1(〜t2)
酢・・・・・・・・・・T2(〜T3)

【作り方】

材料を鍋に入れ、ホイッパーでよく混ぜ合わせる。
極弱火にかけ、ゴムべらでなべ底からよく混ぜる。
 マヨネーズくらいの硬さにもったりとしてきたら出来上がり!はやい!

いつもの酢味噌やマヨネーズに変えて、旬の味を楽しみましょう!

分量の味加減は好みで調整してください。
私の場合は目分量…

このレシピは私流です。とても簡単です!
「サクサクの白い大根漬け」レシピ
簡単においしい!わたし流Myれしぴ 4

なつかしいふるさとの味・うまい菊池の味・ちょっと私の味

「塩」「砂糖」「酢」で漬ける、失敗なしの超簡単なお漬物 

本当は12月に入ってから、大きい、柔らかな、みずみずしい大根で漬けるのがおいしいです。

(写真に影が入りました。実物は白いんです)

今の時期は大根によっては少し苦味が出るのもあるかもしれませんが…
気にしない

サクサクの歯触りがたまりません
もう一切れ…あと一切れ…エンドレス…
風味豊かに、昆布・柚子を加えるとおいしさアップ

お茶うけに、ご飯に、おにぎりにも。
もちろん酒やビールにだって、いけますよ

★「サクサクの白い大根漬け」の作り方★

大根を洗って皮をむく。
大きさによっては2つ割・4つ割・6つ割に切る。
大きめのビニール袋に切った大根を入れ入れ、
  「塩」「砂糖」「酢」を入れる。
大根に「塩」「砂糖」「酢」をなじませる。
ビニール袋の空気を抜くようにして口を縛る。
ときどき上下をかえしながら、
  水分が出てきたらもう一度中の空気を出す。
  ※軽く重石をしてもいいです。
2〜3日ごろから食べられます後の保存は冷蔵庫で

【材料目安】

大根(皮をむいて正味)3k
塩1/2c
砂糖400g
酢1/2c

分量の味加減は好みで調整してください(・。・)V
このレシピは私流です。正当かどうかはわかりませんが、簡単です
「にがごりの佃煮」レシピ

簡単においしい!わたし流Myれしぴ 3

なつかしいふるさとの味・うまい菊池の味・ちょっと私の味

夏の味「にがごり」の季節も終わりに近づきました
夏の名残りを佃煮に…

夏の暑いときには苦い食べ物がとても身体に良いそうです。
なかでも「にがごり」はナンバーワン!

「にがごり」「にがうり」「ゴーヤ」など、
呼び方ですこし違うような気もします。
白っぽい昔からあるのがにがごりで、
肉厚のゴロンとしたのがゴーヤかな?と思っています。

この佃煮はいろんな人から教えていただいた中で
自分なりに簡単においしい、適当でおいしいレシピです。

かがりあげの季節につくってみてはいかがでしょうか?
細いものは広めの幅に大きく、ざくざくきざんで!

★「にがごりの佃煮」の作り方★

にがごりを水で洗い、縦半分に切り中の種やわたをスプーンでとる。
適当な大きさに切り、ざるなどに広げて2時間くらい干す。
 (水分をとばす)
にがごりに、濃口醤油・酢・味醂・砂糖を鍋に入れ火にかける。
沸騰したら、にがごりを入れ、強火のままあまり混ぜないよう、
 ときどき上下を返しながら煮上げる。
汁がなくなるまえに火からおろし、花鰹・すりごまをたっぷりまぶす。
 (かつをとごまが煮汁をすってくれる)
容器に入れます。常温でも日持ちしますが、あとは冷蔵庫にいれます。

※苦味がほどよくぬけて、なに?おいしい〜!となります。
食が進まない時に!お弁当に!保存できます。

【材料目安】

にがごり正味1〜1.5kg
濃口醤油1C
酢1C
味醂1C
砂糖200〜250g

分量はアバウトでOK!です。(・。・)V
このレシピは私流です。正当かどうかはわかりませんが、簡単です

「ワサビ漬け」レシピ

簡単においしい!わたし流Myれしぴ 2

なつかしいふるさとの味・うまい菊池の味・ちょっと私の味

これ、なんだかわかりますか?どう?

「葉わさび」
です。
春の香り!春の味!
菊池も山間地には天然の地物が取れます。
隣の上津江(大分県:菊池との県境)も産地です。
こちらが手に入りやすいですね。
綺麗な冷たい湧き水のあるところにあります。
この季節になると「わさびばたてよか」と・・・
個々それぞれに秘伝があるようです。
鼻にツーンと、目には泪、
「根性の悪かとよーたつばい」な〜んていいます。
酒の肴にもってこい!

★「ワサビ漬け」の作り方★

葉わさびを水で洗う。
水気を切る。
3cmくらいにてでちぎる。葉、花、茎全部。
 ※包丁でもよいが、金気を嫌うので「手でちぎったとがよか」といいます。
かるく塩をふり、よくもむ。
ぬるま湯で塩分を流し、水分を絞る。(手絞りでよい)
 ※当館は温泉の湯を使います。ちょうどいい温度!
ここからは、かす・みそ・しょうゆと、お好みで!
 【酒粕】
  みりん・砂糖・塩・等で味付けした粕であえます。
  市販の粕漬けを使うと便利です。
 【味噌】
  みりん・砂糖・等で味付けした味噌であえます。
 【しょうゆ】
  みりんで割った醤油に漬けます。
全て入れ物は密閉できる容器に入れます。
 1晩常温におき、あとは冷蔵庫にいれます。

1晩たってから試食!
うまくたちましたか?ツーンときたらOK
※和えてすぐは綺麗なみどりですが、翌日には少々色あせします。

分量はアバウト!です。(・。・)V
このレシピは私流ですので、正当かどうかはわかりませんが簡単ですよ♪

「ふきみそ」レシピ

簡単においしい!わたし流Myれしぴ 1

なつかしいふるさとの味・うまい菊池の味・ちょっと私の味

ふきのとうをいただきましたので・・・・・春の味を!1品
ふきのとう
天然の「ふきのとう」です。
ほろ苦い早春の味!

これは菊池の山(菊池渓谷付近?)の自然のものです。
山で仕事をされる方から、春だよりをいただきました。

なかなか自分ではとりにいけませんので、感激!
写真の中ほどのものはかわいい花が開いています。
自然のものは香気が違います。

「ふきみそ」のつくり方はいろいろ、ありますが、ここもわたし流で、
今回のふきのとうは少し小ぶりなものばかりで丸ごとそのまま使い
「ぜいたくな??ふきみそ」にしました。

通常はふきのとうをこまかく刻んだものを使います。
その場合には刻んだものを絞って使います。
焼きおにぎりに塗ったり、和えたりするのにもいいですよ!

アツアツの白いごはんに、おにぎりにも。
もちろん酒の肴にもいけますよ!

★「ふきみそ」の作り方★

ふきのとうを水で洗う。傷んでいるところは取り除く。
さっと湯で、水にさらす。
 あまり長くつけておくと香気が抜ける気がします。
おおきいものは2つ割、ほかはそのままで、水気をしっかり絞ります。
フライパンにサラダ油(ゴマ油を混ぜてもおいしい)をひき、
 味噌を入れ、砂糖、酒(みりん)を加えいためる。
硬めに練り上げた中に、絞ったふきのとうをいれ、
 よく混ぜ合わせる。好みで胡麻を混ぜる。
 水分が多すぎるようなら、ざるにあけしゃもじとうで汁気をおしだし、
 煮汁(みそ)のみを火にかけ煮詰める。
 また、ふきのとうを戻して混ぜ合わせいためる。
容器に入れ、冷蔵庫にいれます。

水分が少ないほど長持ちします!

なんともいえないほろ苦さと、甘めの味噌が山里の味です。

分量はアバウト!です。(・。・)V
このレシピは私流です。正当かどうかはわかりませんが、簡単です

栄屋旅館の季節プラン
女将手作りのお人形
ページTOP
くまもと菊池温泉 栄屋旅館 (C) 2010 |管理者| プライバシーポリシー